5月:万霊節 Allerseelen Op.10-8

 

 

私の最も好きなドイツリートの一曲。
シュトラウスの音楽が新緑と重なり合い、
心の中に流れます。
新緑の好きな亡き父が語りかけてくれます。
ですから私は答えます・・・
いつも一緒よ〜っ!と(笑

 

 

 

 

万霊節

 

Stell’ auf den Tisch die duftenden Reseden,

Die letzten roten Astern trag herbei,

Und laß uns wieder von der Liebe reden,

Wie einst im Mai.

Gib mir die Hand,daß ich sie heimlich drücke

Und wenn man’s sieht,mir ist es einerlei,

Gib mir nur einen deiner süßen Blicke,

Wie einst im Mai.

Es blüht und duftet heut auf jedem Grabe,

Ein Tag im Jahr ist den Toten frei;

Komm an mein Herz,daß ich dich wieder habe,

Wie einst im Mai.

 

”Allerseelen” Op.10-8
Richard Strauss / Hermann von Gilm

 

 

→ NATSUKO KANKE

→ KANKE GRAND 日光

→ 音楽教室 | 森の茶屋・菅家亭 | 創作工房

→ NATSUKO KANKE HISTORY

 

 

Photo / Copyright(C)OFFICE KANKE. All Rights Reserved.
Image Credit With Copyright.

4月:ピアノの調律

 

 

引っ越しで揺られ、
しばらくゆっくりさせましたのでいよいよ調律。
音が揃うということは心地の良いものです。
では、バッハの練習曲でも弾きましょうか・・・。

 

 

 

 

→ NATSUKO KANKE

→ KANKE GRAND 日光

→ 音楽教室 | 森の茶屋・菅家亭 | 創作工房

→ NATSUKO KANKE HISTORY

 

 

Photo / Copyright(C)OFFICE KANKE. All Rights Reserved.
Image Credit With Copyright.

3月:早春賦

 

 

中禅寺湖へ伺いました。
春を感じて出かけましたが、
まだまだ雪が積もっておりました。
凛とした空気と輝かしい光、
素晴らしい奥日光に出会いました。

 

 

 

 

早春賦

童謡・唱歌
作詞:吉丸 一昌
作曲:中田 章

 

春は名のみの 風の寒さや

谷の鶯 歌は思えど

時にあらずと 声も立てず
時にあらずと 声も立てず



氷解け去り 葦は角ぐむ

さては時ぞと 思うあやにく

今日も昨日も 雪の空

今日も昨日も 雪の空



春と聞かねば 知らでありしを

聞けば急かるる 胸の思いを

いかにせよとの この頃か

いかにせよとの この頃か

 

 

→ NATSUKO KANKE

→ KANKE GRAND 日光

→ 音楽教室 | 森の茶屋・菅家亭 | 創作工房

→ NATSUKO KANKE HISTORY

 

 

Photo / Copyright(C)OFFICE KANKE. All Rights Reserved.
Image Credit With Copyright.

2月:朝の空気

 

 

吸い込む息も苦しいほどの凛とした空気のなか
朝陽を待つ・・・
エネルギーに満ちた光に包まれても
朝陽は暖かくはない・・・
しかし何故 朝陽を待つのだろう
まるで神様を待つかのように一点を見つめて・・・

 

 

 

 

Morgen!

Und morgen wird die Sonne wieder scheinen
Und auf dem Wege,den ich gehen werde,
Wird uns,die Glücklichen,sie wieder einen
Inmitten dieser sonnenatmenden Erde …

Und zu dem Strand,dem weiten,wogenblauen,
Werden wir still und langsam niedersteigen,
Stumm werden wir uns in die Augen schauen,
Und auf uns sinkt des Glükkes stummes Schweigen …

R. Strauss : Morgen!  Op.27-4 TrV 170  Vier Lieder
John Henry Mackay ” Morgen! ”

 

「 朝 」 ~ 4つの歌曲より ~

そして朝、太陽は再び輝くでしょう
そして私の歩む道すがら
再びあの人に会わせ幸せにしてくれるでしょう
陽光の溢れるこの大地で・・・

そして青い波の寄せる広々とした岸辺に
私たちは静かにゆっくりと降りて行き
そして私たちは黙したまま目を見つめ合う・・・
すると、息をのむ幸せな沈黙が私たちを包み込んでくれる・・・

 

 

→ NATSUKO KANKE

→ KANKE GRAND 日光

→ 音楽教室 | 森の茶屋・菅家亭 | 創作工房

→ NATSUKO KANKE HISTORY

 

 

Photo / Copyright(C)OFFICE KANKE. All Rights Reserved.
Image Credit With Copyright.