3月:早春賦

 

 

中禅寺湖へ伺いました。
春を感じて出かけましたが、
まだまだ雪が積もっておりました。
凛とした空気と輝かしい光、
素晴らしい奥日光に出会いました。

 

 

 

 

早春賦

童謡・唱歌
作詞:吉丸 一昌
作曲:中田 章

 

春は名のみの 風の寒さや

谷の鶯 歌は思えど

時にあらずと 声も立てず
時にあらずと 声も立てず



氷解け去り 葦は角ぐむ

さては時ぞと 思うあやにく

今日も昨日も 雪の空

今日も昨日も 雪の空



春と聞かねば 知らでありしを

聞けば急かるる 胸の思いを

いかにせよとの この頃か

いかにせよとの この頃か

 

 

→ NATSUKO KANKE

→ KANKE GRAND 日光

→ 音楽教室 | 森の茶屋・菅家亭 | 創作工房

→ NATSUKO KANKE HISTORY

 

 

Photo / Copyright(C)OFFICE KANKE. All Rights Reserved.
Image Credit With Copyright.