9月:炎

 

 

先日”夏の思い出を作りましょう”ということで、
スウェディッシュトーチという北欧のたいまつを楽しみました。

丸太に十文字の切れ込み、そこに火をつける。
・・・それだけなのです。
その火を元に暖を取り、調理をする。
・・・ただそれだけなのです。
そして、火を見る。
・・・ただただ、それだけなのです。

馬に乗った騎士が松明を掲げて走っている炎・・・
洞窟の中で向き合うあなたの瞳にうつる炎・・・
様々なシーンが脳裏に浮かんできます・・

しかし時間と共に自分の中にある様々な言葉も無くなります。
これが”無”の状態なのでしょう。
しばらくすると心の底の自分の声が聞こえてくるようです。
自分との対話、とても素敵な時間でした。

 

 

 

 

「ひとりの対話」より ~ 縄 ~

作詞 : 高野喜久雄
作曲 : 高田三郎

 

手をはなせ 手をはなせ
と ささやく ものがある
ふと 気がついてみると
わたしは にぎりしめていた わたしのなかに
不気味に 垂れている 一本の縄!
上に向かっても 下に向かっても
たぐれば たぐっただけのびてくる
不思議な縄だ
所詮 たぐることは空しい
たぐることは 空しいが しかし
たぐらずにいれば
もう
わたしは 駄目になってしまいそうな縄

 

 

→ NATSUKO KANKE

→ KANKE GRAND 日光

→ 音楽教室 | 森の茶屋・菅家亭 | 創作工房

→ NATSUKO KANKE HISTORY

 

 

Photo / Copyright(C)OFFICE KANKE. All Rights Reserved.
Image Credit With Copyright.