OFFICIAL」カテゴリーアーカイブ

7月:淡々と

 

 

 

 

クラシックのコンサートはこの時期はオフと言われ、肌寒くなる時期がメインシーズンです。
秋から冬はオシャレの時期、コンサートへ出掛ける装いも楽しみの一つとして考えられているのでしょう。

歌い手のこの時期はメインシーズンのためのお稽古が多くなります。
オペラの稽古は数ヶ月に渡りますので、暑い最中は稽古場!!!
また、声の調整や心身のメンテナンスとして海外の空気に触れに行く時期でもあります。
イタリアの太陽は熱いです!
照りつく太陽の中、ミネラルウォーターを片手に長い距離の石畳を歩き、
石造りの建物の中へ入るとひんやりとするあの感覚は何とも言えません。
額の汗を拭いながら、中から見る石畳の上にある影。
こうしたたわいも無い感覚がエネルギーになります。

日本は梅雨の頃となり、深い緑も雨で濡れてしっとりとしてます。
梅雨に濡れた緑の中に、ふと甘い香りが漂います。
そう、クチナシの香りです。
我が家の鉢植えのクチナシも満開、家中に甘い香りが漂います。
感情を込める事が音楽や歌ではなく、
淡々と歌うことの難しさを教えてくれた「くちなし」。
この曲を歌えるようになった時の喜びを思い出しました。
淡々と歌う、ということはけっして無表情ではありません。
満ち溢れる感情や音楽性を押し殺す表現、というのでしょうか。
感情を音楽に乗せて表現するよりも、
淡々と歌うことが私には合っているとも教えてくれた「くちなし」。
感謝の一曲です。

 

 

くちなし
~ 歌曲集『ひとりの対話』より ~

作詞:高野喜久雄
作曲:高田三郎

 

荒れていた庭 片隅に
亡き父が植えたくちなし
年ごとに かおり高く
花はふえ
今年は十九の実がついた

くちなしの木に
くちなしの花が咲き
実がついた
ただ それだけのことなのに
ふるえる
ふるえるわたしのこころ

「ごらん くちなしの実を ごらん
熟しても 口を開かぬ くちなしの実だ」
とある日の 父のことば
父の祈り

くちなしの実よ
くちなしの実のように
待ちこがれつつ
ひたすらに こがれ生きよ
と父はいう
今も どこかで父はいう

 

 

→ NATSUKO KANKE

→ KANKE GRAND 日光

→ 音楽教室 | 森の茶屋・菅家亭 | 創作工房

→ NATSUKO KANKE HISTORY

 

 

Photo / Copyright(C)OFFICE KANKE. All Rights Reserved.
Image Credit With Copyright.

6月:緑の雨

 

 

 

 

春を迎え笑顔になり、新緑の中に入りエネルギー充電。
そろそろ梅雨となりますので、夏の前の一息というところですね。
ふと窓から外を見ますと雨に濡れた木々・・・
皆さまは何を感じられますでしょうか。

歌には音楽と詞があり、どちらかだけでは「歌」は成立しません。
そしてどちらかが優っていては曲として何か物足りなさを感じます。
音楽の盛り上がりと詞の盛り上がりが常に一致しているとも限りません。
歌を歌うということは、簡単そうに見えて奥が深いのです。
・・・緑の雨を見ていて私はあらためて感じました。

 

 

作詞/作曲:中島みゆき

 

なぜ めぐり逢うのかを
私たちは なにも知らない
いつ めぐり逢うのかを
私たちは いつも知らない

どこにいたの 生きてきたの
遠い空の下 ふたつの物語

縦の糸はあなた 横の糸は私
織りなす布は いつか誰かを
暖めうるかもしれない

なぜ 生きてゆくのかを
迷った日の跡の ささくれ
夢追いかけ走って
ころんだ日の跡の ささくれ

こんな糸が なんになるの
心許なくて ふるえてた風の中

縦の糸はあなた 横の糸は私
織りなす布は いつか誰かの
傷をかばうかもしれない

縦の糸はあなた 横の糸は私
逢うべき糸に 出逢えることを
人は 仕合わせと呼びます

 

 

→ NATSUKO KANKE

→ KANKE GRAND 日光

→ 音楽教室 | 森の茶屋・菅家亭 | 創作工房

→ NATSUKO KANKE HISTORY

 

 

Photo / Copyright(C)OFFICE KANKE. All Rights Reserved.
Image Credit With Copyright.

5月:美しき新緑

 

 

 

 

今年は桜の満開を押し出すかのように新緑が勢いよくスタートしました。

厳しい冬の間、山々の木々は「無」となっています。
生命を感じない木々は恐ろしくも感じます。
しかしどうでしょう!
何十、何百、何千・・・葉を芽吹かせる木は水分を吸い上げているのでしょう、幹や枝が濃くなります。
各々が我先に!と芽吹き、見る見るうちに新緑の溢れる木々。
この新緑が深い緑になり、半年後には紅葉という木々の華を咲かせます。
これほどの生命力を目の前で表現してくれるものが他にあるでしょうか。

一つとして同じ「緑色」が無く、光までもが緑色に見えます。
一枚の葉の緑、その裏側はどのような緑でしょうか・・・
一つの美しさを完成させるには様々な美しさの集まりと感じます。
私の最も好きな時期、新緑。
溢れる新緑が私の感性に刺激を与えてくれます。
・・・感謝。

 

 

熱烈な願い
~ 3つのアリエッタ ~

 

Quando verrà quel dì
che riveder potrò
quel che l’amante cor tanto desia?

Quando verrà quel dì
che in sen t’accoglierò,
bella fiamma d’amor,anima mia?

 

Il fervido desiderio ~ Tre Ariette ~
Bellini

 

 

→ NATSUKO KANKE

→ KANKE GRAND 日光

→ 音楽教室 | 森の茶屋・菅家亭 | 創作工房

→ NATSUKO KANKE HISTORY

 

 

Photo / Copyright(C)OFFICE KANKE. All Rights Reserved.
Image Credit With Copyright.

4月:甘い春、ほろ苦い春

 

 

 

 

時が過ぎれば必ずやってくる春。
風が春のお花の甘い香りを運んでくれます。
梅、水仙、ミツマタ・・・
そして食する春は”ほろ苦さ”です。
春の先頭を切ってのフキノトウ!
今年もY氏がたくさんお届けくださいました。

欧米では別れと出会の春をお花が咲く華やかさで表現しますが、
ほろ苦さの春、という表現は日本ならではと思います。

やはり春ですね、歌を口ずさむことが多くなってきました。
これから桜が咲いてくる時期です。
桜に失恋を重ねるところが日本人ならではの表現でしょうか。
桜色の軽やかな美しさの中にもほろ苦さの漂う一曲です。

 

 

さくら横ちょう

作詞:加藤周一
作曲:中田喜直

 

春の宵 さくらが咲くと
花ばかり さくら横ちょう
想い出す 恋の昨日
君は もうここにいないと
ああ いつも 花の女王
ほほえんだ 夢のふるさと
春の宵 さくらが咲くと
花ばかり さくら横ちょう
会い見る時は なかろう
「その後どう」
「しばらくねえ」
と言ったってはじまらないと 心得て
花でも 見よう
春の宵 さくらが咲くと
花ばかり さくら横ちょう

 

 

→ NATSUKO KANKE

→ KANKE GRAND 日光

→ 音楽教室 | 森の茶屋・菅家亭 | 創作工房

→ NATSUKO KANKE HISTORY

 

 

Photo / Copyright(C)OFFICE KANKE. All Rights Reserved.
Image Credit With Copyright.

3月:大切な宝物

 

 


 

 

日光に移住して3年目を迎えました。
最初は生活環境が変わり戸惑うことが多くありました。
夏は雷が毎日!
冬は男体山からの”男体颪(なんたいおろし)”!
一年を通じてお水の冷たさ!

これまでの生活には無かった戸惑い、
そう、どれもが自然世界のものです。
大自然の空気と光は私を包み込んで、厳しさと温かさを教えてくれました。

どこへ出掛けても帰り道は男体山、女峰山に向かって帰ってきます。
山へ向かって帰る・・・なんと素敵なのでしょう。
私はここに住んでいることが幸せです。
あらためて、日光の大自然に感謝。
そして家族に大感謝。

 

 

いのちの歌

作詞:miyabi
作曲:村松崇継

 

生きてゆくことの意味 問いかけるそのたびに
胸をよぎる 愛しい人々のあたたかさ
この星の片隅で めぐり会えた奇跡は
どんな宝石よりも 大切な宝物
泣きたい日もある 絶望に嘆く日も
そんな時そばにいて 寄り添うあなたの影
二人で歌えば 懐かしくよみがえる
ふるさとの夕焼けの 優しいあのぬくもり

本当にだいじなものは 隠れて見えない
ささやかすぎる日々の中に かけがえない喜びがある

いつかは誰でも この星にさよならを
する時が来るけれど 命は継がれてゆく
生まれてきたこと 育ててもらえたこと
出会ったこと 笑ったこと
そのすべてにありがとう
この命にありがとう

 

 

→ NATSUKO KANKE

→ KANKE GRAND 日光

→ 音楽教室 | 森の茶屋・菅家亭 | 創作工房

→ NATSUKO KANKE HISTORY

 

 

Photo / Copyright(C)OFFICE KANKE. All Rights Reserved.
Image Credit With Copyright.

2月:恵風・一年の計は春にあり

 

 

 

 

2024年の節分です!
今年は”切り替えの年”とのこと。
真っ先に頭の中に浮かび、その後ずっとリピートしている歌があります。
ヴェルディのレクイエム”Liber scriptus”。
世界、日本、人々・・・
全てが裁きを受けて切り替わるということでしょうか。
ならばその日が来る前に、
自分自身の切り替えをしっかり考えようと思います。

切り替えるとは簡単なようで非常に難しい。
コインの表と裏のようにパッとはいきません。
他者を考えると簡単に思えますが、自分自身ではいかがでしょうか。
非常に難しい事と思います。

人は自分自身を愛し、認め、褒めることがなかなか出来ません。
しかし他者から褒められることで気付き、認め、
自分が自分自身を褒めることが出来た時、
心の器が更に大きくなるのではないでしょうか。

これまでの日本が作った日本人の美徳の一つに、
耐える、頑張るということがあります。
素晴らしい事とは思いますが、
真面目な日本人は少々ギスギス、トゲトゲしているように感じます。
なぜなら、耐える、頑張ることで終了になっているからではないでしょうか。
濡れたタオルはしっかり硬く絞ることが必要ですが、
広げて乾かさなければフンワリしたタオルにはなりません。
どんなに小さなことでも出来た時、乗り越えた時、
それに対して他者からの感謝や褒めを受け、
自分が自分自身を認め、褒める・・・
この循環の輪が笑顔と愛を生むと考えます。
耐える、頑張ることで終了せずに循環の輪を持てる人が多くなれば、
愛も大きくなるのではないでしょうか。

時間が過ぎ、ふと振り返った時に切り替わっている自分を見つけ、
頑張ったことを褒めてあげたいものです。

我が家は毎年、年替わりは節分です。
一年の計は春にあり。
二月の呼び方に”恵風”というものがあります。
愛ある風が春のお花を咲かせるように、
他者にも自分自身にも”恵風”を吹かせ、
愛ある循環の輪で満ち溢れる一年になるよう歩みます。

 

 

書き記されし書物は

 

Liber scriptus proferetur,
In quo totum continetur,
Unde mundus judicetur.
Judex ergo cum sedebit,
Quidquid latet apparebit,
Nil inultum remanebit.

 

Messa da Requiem ~ Liber scriptus ~
Giuseppe Fortunino Francesco Verdi
 

 

→ NATSUKO KANKE

→ KANKE GRAND 日光

→ 音楽教室 | 森の茶屋・菅家亭 | 創作工房

→ NATSUKO KANKE HISTORY

 

 

Photo / Copyright(C)OFFICE KANKE. All Rights Reserved.
Image Credit With Copyright.

1月:新年

 

 

 

 

明けましておめでとうございます。

素晴らしい陽射しの中に見事なナンテンの実がありました。
花言葉は「私の愛は増すばかり」「機知に富む」「良い家庭」とのことです。

愛とは一つではなく、
いくつもが重なり合い、
織り合い、
育んでいくものとあらためて見せられました。

今年一年、たわわに実る愛を育てていきたいです。
皆さまにとりましても幸多き一年でありますように。

 

 

クロリスに

 

S’il est vrai, Chloris, que tu m’aimes,
Mais j’entends, que tu m’aimes bien,
Je ne crois pas que les rois mêmes
Aient un bonheur pareil au mien.

Que la mort serait importune
A venir changer ma fortune
Pour la félicité des cieux!

Tout ce qu’on dit de l’ambroisie
Ne touche point ma fantaisie
Au prix des grâces de tes yeux.

 

À Chloris
Reynaldo Hahn / Théophile de Viau

 

 

→ NATSUKO KANKE

→ KANKE GRAND 日光

→ 音楽教室 | 森の茶屋・菅家亭 | 創作工房

→ NATSUKO KANKE HISTORY

 

 

Photo / Copyright(C)OFFICE KANKE. All Rights Reserved.
Image Credit With Copyright.

10月:秋の芸術とは

 

 

 

 

毎日見る近々の山々、
夏には緑の変化と共に迫り来るようなエネルギッシュさに映りましたが、
少し遠くに見えるようになりました。
秋草も蜘蛛の巣も夕陽を受けてキラキラと輝いています。
季節が変わってきたのですね。

毎日見ている川、山、草木の風情に変化があるわけでは無いのですが、
何かを語りかけられているように感じます。
キラキラと輝く秋草を見て、幼い頃を思い出したり・・・
雄大に輝く山を見て、今の自分を俯瞰して見てみたり・・・
川の水の輝きを見て、未来の自分に目を細めたり・・・

見上げた空、夏から秋へと変わってきました。
あなたは何を受け取りましたか?

 

 

When the world turns blue

 

When the world turns blue
Somewhere after you
I’ll just have to handle it
With all I know how to do
I’ll write a song about you
How love can live without you
How everyplace you touch me
Made me feel new
When the world turns blue

When the world turns blue
You will turn into
Rhythm, words and melody
That show the power anew
And tho the past may find you
With all I left behind you
I still will play the song that I made for you

And when we are gone
The song will live on
Some stranger will hear and he’ll say this is just
How I feel, every line, every moment is turn
When the world turns blue
When the world turns blue

And when we are gone
The song will live on
Some stranger will hear and he’ll say this is just
How I feel, every line every moment is turn
When the world turns blue
When the world turns blue

 

When the world turns blue ~ Melodies Of Love ~
Joe Sample/ Will Jennings

 

 

→ NATSUKO KANKE

→ KANKE GRAND 日光

→ 音楽教室 | 森の茶屋・菅家亭 | 創作工房

→ NATSUKO KANKE HISTORY

 

 

Photo / Copyright(C)OFFICE KANKE. All Rights Reserved.
Image Credit With Copyright.

9月:光

 

 

 

 

自然の変化を見せてくれる「光」。
光があるからこそ見せてくれ、影を生み出してくれる光。
光を感じ、光の中に入り・・・

この時期は夏から秋へと様々な変化があります。
真っ青な空に浮かぶ雲、少し少し高くなり、
ふと肌をかすめる風もどことなく秋を思わせ、
あちらこちらの野の花も変わってきました。

最近、私は心から幸せと感じる自分がいます。
何を見ても、何をしていても、幸せ・・・
時には顔をしかめるようなこともありますが、
次の瞬間には笑顔になります。
さて、この幸せは訪れたのでしょうか?
いえ、幸せとは自分次第!
全てを幸せに変化させることは苦悩も付きまといますが、
変化させるのも自分。

歌を歌うとは人に与えるものです。
自分が幸せと感じる今、
私はこれまでよりも皆さまに”幸せ”をお渡し出来るとことが出来ます。
更なる幸せ、巡る感謝。

自然の変化を見せてくれる「光」。
光があるからこそ見せてくれ、影を生み出してくれる光。
光を感じ、光の中に入り・・・。

 

 

蓮の花

 

Die Lotosblume ängstigt
Sich vor der Sonne Pracht,
Und mit gesenktem Haupte
Erwartet sie träumend die Nacht.

Der Mond,der ist ihr Buhle,
Er weckt sie mit seinem Licht,
Und ihm entschleiert sie freundlich
Ihr frommes Blumengesicht.

Sie blüht und glüht und leuchtet,
Und starret stumm in die Höh;
Sie duftet und weinet und zittert
Vor Liebe und Liebesweh.

 

Die Lotusblume Op.25-7 ~ Myrten ~
Schumann / Heine

 

 

→ NATSUKO KANKE

→ KANKE GRAND 日光

→ 音楽教室 | 森の茶屋・菅家亭 | 創作工房

→ NATSUKO KANKE HISTORY

 

 

Photo / Copyright(C)OFFICE KANKE. All Rights Reserved.
Image Credit With Copyright.