CONCEPT

- 基調 NATSUKO KANKE keynote -

 

 

 

 


                                                         Photo : OFFICE KANKE

 

 

『 alius ibi ; alibi 』

 

 

L’imaginair

 

« Qu’est-ce qu’écrire ? », « Pourquoi écrire ? », « Pour qui écrit-on ? ».

…… L’auteur va tout d’abord esquisser une réponse en considérant ce qu’écrire n’est pas : écrire n’est pas peindre, écrire n’est pas composer de la musique. En effet, contrairement au peintre ou au musicien qui se contentent de présenter les choses et de laisser le spectateur y voir ce qu’il veut, l’écrivain, lui, peut guider son lecteur. La chose présentée n’est plus alors seulement chose, mais devient signe. ……

…… En fait le peintre n’a point réalisé son image mentale : il a simplement constitué un analogon matériel tel que chacun puisse saisir cette image si seulement on considère l’analogon. ……

…… Un des principaux motifs de la création artistique est certainement le besoin de nous sentir essentiels par rapport au monde ……

 

Jean-Paul Charles Aymard Sartre
 
 

 

《 何を 書いているのか? どうして 書くのか? 誰のために 書いているのか? 》

…… 送り手というものは 先ず 絵画ではなく 音楽を構成していない ということを考慮して答えをスケッチする
確かに 単に物事を提示し 発表して その場を離れていくような
観る者や聴く者に対して 自分の望むものだけを見せ聴かせることにだけ満足している画家や音楽家とは異なり
送り手は 自分の作り得たものによって その受け手である観る者や聴く者を導くことができる
提示されたものは もはや 唯一のものではなく サインになる ……

…… 実のところ 送り手というものは 己の心的イメージを現実化したわけではない
単に送り手は それを人が眺めたり聴き入れた場合に
この受け手の各々が その心的イメージを把握できるであろうような推法を 構成したに過ぎない ……

…… 芸術的創造の主な理由の一つは 確かに 世界に不可欠であると感じる必要性である ……

 

 

 

 

                                         Photo ; Copyright(C)OFFICE KANKE. All Rights Reserved.

 

 

 

 

” L’assembleur de rêves ” – Gustave Moreau –

 

…… On sent, on aime, on sait l’art, mais on n’en parle pas …
Aux bavards, aux critiques de profession, cette désolante dissection des lois, des conditions
de l’art. Et combien d’effroyables erreurs, de niaiseries, de contre-sens, à chaque mot, à chaque phase …
La divination, l’intuition des choses appartiennent à l’artiste et au poète seuls. ……

…… Tout ce qui est beau dans l’art, vraiment rare, tout ce qui relève de ce qu’il y a de plus noble, de plus précieux, de l’esprit et de l’âme, ne peut être copié sur nature … Celui qui ne s’inspire pas seulement de la nature, mais qui la copie, est perdu. ……

…… L’art s’appuyant sur la nature ne peut être réduit à en être l’imitation exacte et servile car, à ce compte, il n’est pas l’art, et la nature est préférable. Quel besoin, en effet, de reproduire sans transformation idéale, personnelle ou particulière? ……

…… L’art est mort le jour où dans la composition, la combinaison raisonnable de l’esprit et du bon sens est venue remplacer, chez l’artiste, la conception imaginative, presque purement plastique, en un mot l’amour de l’arabesque. ……
…… Consentez donc, véritables artistes-peintre, musicien, sculpteur ou poête-à passer pour un fossile aux yeux des gen aveuglés par leurs prétentions ou auprès de vos confrères ……

 

Gustave Moreau, ” L’assembleur de rêves ” 1984. Pierre-Louis Mathieu.

 

 

…… 我々は芸術というものを知っているが
我々は芸術を感じたり 愛したり 知ることはあっても それについて語ることはしない …
職業的な評論家や批評する者たちが担う芸術の法則や条件を分析する困った仕事や
好き嫌い程度のものなど 彼らに任せておけばいい
言葉の一つ一つ 文の一つ一つに 何と多くのお恐ろしい誤りや愚かさと
反感や誤解がこもっていることか …
物事の明察と直観は 芸術家と詩人だけのものだ ……

…… 芸術において 美しいもの 真に稀なもの そのすべて
精神と魂の最も高貴で最も貴重な部分のすべて それらは自然を写す模倣では在り得ない …
自然に触発されて自然から霊感を受けるだけに止まらず 自然を模倣する人は 駄目である ……

…… 自然に基づき 自然を支えにする芸術は 自然の性格で卑屈な模倣に陥ってはならないし
模倣であることに還元することはできない
何故ならば その見方からすると それは芸術ではなくて 自然の方が好ましいからだ
実際 観念 象徴的 総合的 主観的 装飾的なものとして
個人的または特定の理想的な変容無しに
抽象的な観念と表現するべきイマージュの間に形を与えること無しに
再現する必要が何処にあるのだろうか ……

…… 芸術家が作品を構築する際に 精神と常識との合理的な組み合わせが
殆ど純粋に造形的な概念や想像力による構想になってしまうなら
一言で言うならば アラベスクの愛情に取って代わってしまうなら
その日に芸術は死を迎えるのだ ……

…… だから 真の芸術家たちよ 画家 音楽家 彫刻家 または詩人たちよ 
自惚れで目が見えなくなった人々や同業の仲間たちの化石の目に 
そう化石のように映ることを覚悟できるのだろうか ……

 

 

 

 

          Fumée d’ Ambre Gris (Smoke of Ambergris) , 1880. John Singer Sargent, Sterling and Francine Clark Art Institute, Massachusetts.

 

 

 

 

Vissi d’ arte, Vissi d’ amor

 

Vissi d’ arte, Vissi d’ amore
Vissi d’ arte, vissi d’ amore,
non feci mai male ad anima viva!
Con man furtiva
quante miserie conobbi, aiutai…
Sempre con fe’ sincera
la mia preghiera ai santi tabernacolo salì,
sempre con fe’ sincera
diedi, fiori agli altar.
Nell’ ora del dolore
perchè, perchè, Signore,
perchè me ne rimuneri così?
Diedi gioielli della Madonna al manto,
e diedi il canto agli astri, al ciel,
che ne ridean più belli.
Nell’ ora del dolor,
perchè, perchè, Signor,
perchè me ne rimuneri così?

 

Giacomo Puccini : Tosca, Act II ” Vissi d’ arte, Vissi d’ amore“( Tosca )

 

 

歌に生き 愛に生き

 

歌に生き 愛に生き
私は歌に生き 愛に生き
人様に害することなど決してありませんでした!
困っている人には人知れず
そっと手を差し伸べてきました
いつも 誠実な信仰心を持ち
私の祈りは 聖なる祭壇に向けてのぼりました
いつも 誠実な信仰心から
祭壇に花を捧げました
なのに 苦難の時である今
なぜ なぜに神よ なぜあなたは
私にこのような報いをお与えになるのですか?
聖母様の衣服に宝石を捧げ
そして星々に 空に 歌を捧げました
すると星々は いっそう美しく輝きました
なのに 苦難の時である今
なぜ なぜに神よ なぜあなたは
私にこのような報いをお与えになるのですか?

 

プッチーニ : オペラ 「 トスカ 」 第2幕より 〜 歌に生き、愛に生き 〜( トスカ )

 

 

                                                         Photo : OFFICE KANKE

 

 

 

 

Copyright(C)OFFICE KANKE. All Rights Reserved. Lyrics & Picture, Image Credit With Copyright.

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ Mezzo Soprano : NATSUKO KANKE 菅 家 奈 津 子

 

 

 

 


Official Website : Mezzo Soprano / NATSUKO KANKE
→ http://www.natsuko-kanke.com/
→ CONTACT

Official Website : OFFICE KANKE / GK.
→ http://www.office-kanke.com/
→ CONTACT

pen of the falcon : ARTWORK
→ http://www.office-kanke.com/blog
pen of the hawk : ESQUISSE
→ http://www.office-kanke.com/workblog

 

 

 

 

Return to the top page → http://natsuko-kanke.com/blog/?page_id=1537